蝋燭

調教を受けるべくあいあおい女王様の前に跪く男だったが挨拶すら満足にできず叱責されてしまう。女王様の「匂い」を覚えるよう足の裏を押し付けられ必死に嗅ぎ続ける。拘束されたままアナルの中の性感帯を次々に責められ悶え感じ手首まで呑み込んでいく。縛り上げ爪先立ちで吊られたまま鞭・乳首責めを受ける男。体制を崩すこともできず快楽と苦痛に声を上げる。。。

純女王様に「支配」されたいという真性奴隷。その覚悟を認めてもらうために過酷なテストに挑む。さまざまなスパンキングを受け男の尻は赤く染めあがる。どんなことがあろうと女王様の手は止まらない!女王様に呼吸を管理されることで全てを支配され完全拘束された男の脳に純女王様の存在がすり込まれていく。すべてのテストが終わったとき男は奴隷の中でも最下層の「畜奴」へと堕とされていく。。。

「お前の体にはもう傷がついてるわね?」独占欲が強めの女王様にとってマゾの体に傷がついてるのは許されないこと。傷ついたマゾの体の上にさらに傷を上書きしていく。憤る女王様のビンタ・鞭が容赦なく「印」をつけていく。変態アナルを弄り回されペニバンを突立てられたマゾにとてつもない快楽が押し寄せる。幾度も幾度も絶頂をくり返すマゾは逝き地獄へ。。。

トップページへ戻る

お勧めのリンク

Copyright (C) SMクィーンロード All Rights Reserved.