SMクィーンロード

圧迫は圧迫でも、今作は巨漢女王様による『圧倒的な肉の驚異という名の悦楽』が追加される。小柄な男は、大迫女王様の前では小さなイスにしか見えない。様々な圧迫ビンタの責めを耐え抜いた褒美として、聖水と生顔騎が与えられる…。

妄想は解消されたが、SMの快楽が忘れられないと奴隷志願のため、再び女医の下にやって来た男。女医は「人間家具にならしてやってもいいわよ」と男に奴隷宣誓させる…。「貴男は一生私なしでは生きられない奴隷よ。」

女装姿でSMクラブを訪れた女装娘・いずみ。恥ずかしい部分を触られ淫らな言葉を強要される。最初は緊張気味だったイズミだが、最後はケツマンコとクリちゃんを同時に責められてイッてしまう…。再び嵐真のもとを訪れたいずみ。調教は更に淫美なものに変わっていく。麻縄で縛られ、ペニクリを電マで責め立てられる。ケツマンコを念入りに拡張され、念願だった「女王様のペニス」を挿入されると、いずみは声を抑えることなく「イッちゃう!」と解放の許しを乞うのだった。

妃奈先生は誰もいない教室でテストの採点中。そのヒップの下には男が四つん這いで人間イスとなっていた。「いやらしい事ばかり考えてて勉強しなかったのね?しょうがない子…お仕置きよ」奴隷志願の生徒は、妃奈先生に気に入ってもらおうと必死に頑張る。縛られオシリにロウソクを垂らされアナルをいじられスパンキングされ…何をしても感じてお仕置きにならない。変態生徒の情けないチンコは半勃ちをキープ。「奴隷になりたいなら、私の家でもっと調教してあげる」妃奈先生の放課後調教は続く。

あれから1年が経ち、また「夜会・仮面パーティー」が開催される。チケットとタキシードと仮面を渡され、会場へと向かうM男。扉が開かれると仮面をした男女達がショーを見ている。それはいつかのバーで見たショーと同じ光景…。次の扉(Next Door)がまた開かれる!

全く仕事をせずに遊んでばかりのOL・山崎とAN。それを見かねて注意する上司だったが、「あいつムカツク」「絶対ドMだよね」と彼女達は嘲笑う。そして上司は甘く残虐な罠に嵌められる…。乳首責め・拘束・顔面騎乗・アナル・ペニバンへの奉仕・フィストなど、上司を貶めていく。

真白女王様による究極の射精管理とも言える作品。ハードプレイとソフトプレイの2種類を収録。「今日こそ、この粗末なチンコを壊して下さい」と真白に懇願するM男のチンコを徹底的に責める。そんなハードプレイとは真逆なのがソフトバージョン。「身体が溶けちゃう~!チンチン麻痺しちゃう!」と勝手に射精してしまったM男に、電マ攻撃を開始。快楽で呂律が回らなくなるM男。何度もドライで絶頂するが、射精するまで許されない。最後にM男が発した言葉…これが快感の凄さを物語っている。

十朱椿(とあけつばき)女王様が廃墟に男を監禁して3日。エナメルの拘束着を着せられた男は、踏みつけられたパンを食い、椿女王様の口から水を貰う。服従を誓うと調教開始。スタンガンで脅して遊んだ後はぺニバンでガンガン突きながらロウソクの雨。固いヘチマ束子でロウソクを擦り落とすと奴隷は絶叫。それでもピアスの付いたペニスからは先走り汁は止まらない。ひとしきり遊んだ後に奴隷が足元に擦りよる。それを強く胸に抱きしめて頭を撫でる椿女王様。主従関係がここに誕生した。

SM女王様データベース

カテゴリー一覧

女王様一覧

DVD通信販売商品一覧

Copyright (C) SMクィーンロード All Rights Reserved.